入れ歯(義歯)|熊谷の歯科「はせがわ歯科」

はせがわ歯科

  • 【診察時間】

    月~日
    9:30~13:00
    月/火/木/金/土
    14:30~19:00
    13:30~18:00
  • 048-528-4182

    お問い合わせ

入れ歯(義歯)

失った歯を補う治療法

歯を失った部分につけて、取り外しができる「入れ歯」。保険内でも作ることができ、歯を失った人が最初に選択することの多い治療法です。

入れ歯は保険内でも作ることができますが、保険内の「樹脂」で作られた入れ歯は噛む力を逃がしてしまうことがあります。また、他の歯に引っかけて使用する入れ歯は、逃がされた力が引っかけてある歯に集中するため、残っている歯を傷めたり、抜ける原因となります。

患者さんのご意向が優先ですが、金属などが入った丈夫な入れ歯でしっかり噛むことができれば、結果として他の歯を守ることへとつながります。

インプラント・
ブリッジとの比較

横にスクロールできます

入れ歯 インプラント ブリッジ
メリット
  • 治療が比較的短期間
  • ものによって、バネが目立たないものがある
  • 手術が不要
  • 広範囲の欠損にも対応できる
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 天然歯と見た目が同じで美しい
  • 治療が比較的短期間
  • 固定されているので違和感はそこまで感じない
  • 材質によって天然歯と同じような美しさにできる
デメリット
  • 食べカスが挟まりやすい
  • 硬いものが食べにくい
  • 保険の場合、バネなどの見た目が良くない
  • 手入れに手間がかかる
  • 手術が必要
  • 骨の状態により対応できない事がある
  • 治療期間が比較的長い
  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 材質によって見た目の差がある
  • 食べカスが挟まりやすい
保険適用

×

当院で取り扱う入れ歯の種類

金属床義歯

お口の粘膜に触れる床の部分が、金属で作られている入れ歯です。薄くしても強度を保つことができ、長時間の装着でも違和感が少なく、快適に入れ歯をお使いになれます。当院では素材として、コバルトクロムやチタンなどをご用意しており、患者さんと一緒に選んでいきます。

メリット

  • 強度が非常に高く、劣化や破損しにくい
  • 床の部分が薄く、装着時の圧迫感や違和感が少ない
  • 熱伝導率が良く、食べ物や飲み物の温度を感じやすく、食事をおいしく楽しめる

デメリット

  • 金属を使用しており、金属アレルギーの患者さんは利用できない
  • 修理が難しく、破損の場合は作り直しになる
コバルトクロム床

金属床義歯(コバルトクロム床)のなかでも、特に多く用いられているのが「バイタリウム」です。ニッケルやベリリウムなどを含んでおらず、人体に優しい素材といわれております。強度も高く、長期間の使用にも耐えられる入れ歯の製作が可能です。

料金 ¥300,000(税別)
チタン床

チタンは軽量かつ、金属アレルギーのリスクも少ない素材です。強度を保ちながら、コバルトクロム床よりもさらに薄い入れ歯を製作でき、装着時の違和感がより軽減されます。チタン部分は劣化しにくく、長期間の使用でも成分が口腔内に溶け出す心配がほとんどありません。

料金 ¥300,000(税別)

ゴールド

床部分が金(ゴールド)で作られている入れ歯です。金は生体親和性が非常に高く、人体への悪影響がほとんどない素材です。加工もしやすく、お口にフィットする入れ歯ができあがります。腐食や変色などの劣化も少なく、長期間の使用でも安心です。

メリット

  • お口に合わせて加工しやすい
  • 金属アレルギーのリスクが比較的少ない
  • 劣化しにくく破損の心配がほとんどない

デメリット

  • 費用が入れ歯のなかでは最も高額
  • 入れ歯全体が重くなりやすい
料金 ¥600,000(税別)

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯のバネ部分(クラスプ)に、金属を使用していない入れ歯です。バネ部分は歯肉の色に合わせた特殊な樹脂で作られており、自然な見た目を演出できます。入れ歯をしていることが周囲から気づかれにくいので、見た目が気になる患者さんにお勧めです。

メリット

  • 残っている隣り合う歯にかかる負担が少ない
  • 装着時の違和感が少なく、お口にフィットする
  • 金属を使用しておらず、アレルギーの心配がない

デメリット

  • 修理が難しく、破損すると作り直しが必要になる
  • 残っている歯の状態など、症例によっては適応できないケースがある
料金 ¥100,000(税別)

オーバーデンチャー(マグネット義歯)

顎の骨に埋め込んだ、数本のインプラントを土台にし、入れ歯を固定する方法です。インプラントは顎の骨としっかり結合しているので、入れ歯が外れる心配も少なく、安定感のある噛み心地が得られます。

メリット

  • 入れ歯が固定されているので、グラつきにくい
  • 食べ物をしっかりと噛み切れる

デメリット

  • 歯や歯ぐきの状態、顎の骨の厚さや量によっては、治療が難しいケースもある
料金 ¥100,000(税別)

保険の入れ歯(樹脂)

保険適用により作られる入れ歯は、樹脂製のものに限ります。費用も安く軽量で、修理も比較的容易ですが、入れ歯の強度を高めるために厚くなりやすく、装着時に違和感を覚えやすいというデメリットもあります。

メリット

  • 費用が安価で短期間での製作が可能

デメリット

  • 見た目や機能性が自費治療の入れ歯に比べて劣り、患者さんの症例によっては機能回復が不十分になるケースもある

ページトップへ戻る