矯正歯科|熊谷の歯科「はせがわ歯科」

はせがわ歯科

  • 【診察時間】

    月~日
    9:30~13:00
    月/火/木/金/土
    14:30~19:00
    13:30~18:00
  • 048-528-4182

    お問い合わせ

矯正歯科

矯正歯科とは

歯並びや噛み合わせを矯正する治療です。でこぼこした歯並びやお口が出ている、出っ歯、下の歯が出ている受け口などのお悩みを解決することができる治療法です。「ブラケット」と呼ばれる金属の金具を歯に取り付け、徐々に歯並びを治していきます。

矯正治療は、笑った時の見た目が気になる方によく選ばれますが、「噛み合わせ」を正すことが大きな特徴です。歯は場所によって特徴があります。噛み合わせが悪い場合、本来力がかからない部分に力がかかり、歯を傷める原因になります。矯正治療によって噛み合わせを正すことで、歯全体で正しく噛めるようになり、ご自身の歯を長持ちさせることにもつながります。

矯正歯科は虫歯や歯周病の予防にもつながります

歯並びが悪くでこぼこした状態だと、見た目の印象ももちろんですが、歯ブラシで磨きにくくなり、磨き残しが増えてしまいます。そこから細菌が繁殖してしまい、虫歯や歯周病などのトラブルに悩まされてしまう可能性があるのです。一方、正しい歯並びだと、見た目の美しさに加えブラッシングもしやすく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

当院では、ワイヤー矯正やマウスピース矯正など、さまざまな治療方法をご用意し、患者さんのライフスタイルに合わせた矯正治療の提供に努めております。お子さまから成人を迎えた大人まで、幅広い世代の患者さんに治療のご案内が可能ですので、歯並びや咬み合わせに関するご相談は当院にお任せください。

メリット

  • 見た目の歯並びが美しくなり咬み合わせのバランスも正しくなる
  • 歯磨きがしやすく磨き残しが減り、虫歯や歯周病の予防につながる
  • 正しく発音できるようになる
  • 食べ物をよく噛めるようになり、消化が促進される

デメリット

  • 自費治療になり、治療費がやや割高
  • 矯正器具によっては、治療中の見た目に違和感を覚えるときがある
  • 矯正器具が邪魔で歯磨きがしにくいと磨き残しが増え、虫歯のリスクが高くなる

当院で行う矯正治療方法

ワイヤー矯正

ごく一般的な矯正治療が、ワイヤー矯正です。マルチブラケットという金属の矯正装置を歯の表面に取り付け、間に金属のワイヤーを通して、歯を正しい位置へと動かしていく方法です。

ブラケットの見た目がコンプレックスになる患者さんもいらっしゃるため、当院ではプラスチックやセラミック製のブラケット、透明色や白色のワイヤーなどを用意しており、見た目の違和感が少ないワイヤー矯正をご案内できます。

マウスピース矯正

患者さんから採取した歯型をもとに作られた、オーダーメイドのマウスピースを用いた矯正方法です。マウスピースは形が異なるタイプを定期的に交換し、歯を少しずつ動かしていくので、治療中の痛みが比較的少ないと言われております。特に前歯や部分的な矯正に多く用いられ、全体矯正に比べると治療費を抑えることができます。マウスピースは非常に薄く透明色ですので、装着時の違和感が少なく、見た目を気にされる患者さんにもお勧めです。

部分矯正

部分矯正は、数本の歯にのみ矯正装置を取り付け、歯並びを部分的に正していく矯正方法です。前歯や八重歯の治療、一部のでこぼこした歯並びを整えるときに用いられます。全体を矯正するわけではなく、治療費を抑えることができ、治療期間も比較的短期間のうちに行えます。

矯正治療の流れ

  • STEP01
    カウンセリング・検査

    まずはカウンセリングを行い、現在のお悩みをお伺いいたします。普段のお困りごとやなりたい姿など、私たちになんでもお話ください。その後は実際に患者さんのお口を検査し、歯並びや咬み合わせの様子をチェックします。

  • STEP02
    診断

    検査の結果をもとに、矯正治療の必要性や治療費の概算、治療期間などをご説明いたします。矯正治療をご希望の場合は、さらに精密検査を行い、治療計画を一緒に作成して治療に備えます。

  • STEP03
    治療

    治療中は1か月に1回を目安に通院していただき、経過を見ながら歯並びと咬み合わせを正しく整えていきます。治療を途中で止めてしまうと、歯並びが元通りになってしまうため、最後まで治療に取り組むことが大切です。

  • STEP04
    装置を取り外す

    歯並びや咬み合わせが正しくなり、その状態が安定してきた後は、矯正装置を取り外します。

  • STEP05
    保定期間(経過観察)

    治療後の後戻りを防ぐには、十分な保定期間が欠かせません。リテーナーと呼ばれる保定専用の装置を取り付け、後戻りのリスクをできるだけ減らします。

料金・治療期間

ワイヤー矯正

料金(税抜) ¥800,000(診断料、別途¥10,000)
治療期間目安 2~5年
治療回数目安 24~80回

マウスピース矯正

料金(税抜) ¥700,000 ~ ¥800,000(診断料、別途¥10,000)
治療期間目安 2~5年
治療回数目安 24~80回

部分矯正

料金(税抜) ¥100,000 ~ ¥800,000(診断料、別途¥10,000)
治療期間目安 6ヶ月~2年
治療回数目安 6~24回

ページトップへ戻る