矯正治療に年齢制限はありますか?成人矯正のメリットや治療法を解説します|熊谷の歯科「はせがわ歯科」

はせがわ歯科

  • 【診察時間】

    月~日
    9:30~13:00
    月/火/木/金/土
    14:30~19:00
    13:30~18:00
  • 048-528-4182

    お問い合わせ

コラム

カテゴリー:

矯正治療に年齢制限はありますか?成人矯正のメリットや治療法を解説します

  • 矯正

「矯正治療には年齢制限がある」「矯正治療は子供だけのもの」と思っている方も多いと思います。ですが、矯正治療は成人した大人の患者様も受けられます。
今回は、成人矯正の内容や治療を行うメリット・デメリット、治療法について解説します。大人になってから歯並びが気になりだした方、子育てや仕事をしながら矯正治療に取り組みたい方はぜひご覧ください。

 

大人になってからでも矯正はできるのか?

成人矯正として治療可能なケースも多く、矯正治療は大人になってからでも遅すぎるわけではありません。子供でも高齢者でも、歯を支えている土台(歯槽骨)がしっかりとしていれば矯正治療が可能です。しかし、歯周病などによって歯槽骨が減っていると、矯正装置によって歯に負担がかかる恐れがあるため、まずは歯周病の治療を優先して行っていきます。また、顎関節症になっている場合も先に顎関節症の治療を行います。
年齢が高くなるにつれて、お口のさまざまな病気を発症するリスクが高まるため、矯正治療を専門とする歯科医院へのご相談がおすすめです。

 

成人矯正のメリット

見た目の改善

矯正治療を行う最大のメリットは、歯並びが良くなることです。見た目が美しくなり、「笑顔が多くなる」「自分に自信が持てる」など、精神的にも前向きになる方が多くいらっしゃいます。

 

虫歯や歯周病の予防

歯並びが良くなると歯磨きがしやすく、プラークなどの磨き残しも少なくなり、虫歯や歯周病の予防につながります。お口の中を衛生的に保ち、口臭予防も期待できます。

 

噛み合わせの改善

矯正治療では歯並びの改善に加えて、治療を通じてかみ合わせの正しいバランスをつくっていきます。前歯や奥歯で食べ物をしっかり噛めるようになり、消化吸収の向上や栄養の効率的な摂取が期待できます。

 

治療法について

成人矯正では、ワイヤー矯正や部分矯正、裏側矯正、マウスピース矯正などが治療法として挙げられます。それぞれの特徴を解説します。

 

ワイヤー矯正・部分矯正

ワイヤー矯正とは、ブラケットという矯正装置を一つひとつの歯の表面に取り付け、間に通した金属のワイヤーの矯正力を利用して歯を動かします。部分矯正は一部の歯並びを整えたい場合に有効です。装置の取り付けも限定的ですので、全体の歯にかかる負担が少なく治療期間も比較的に短期間のうちに終了できます。
しかし、矯正装置や金属のワイヤーなどが見えてしまうため、見た目が気になる方も多い治療法です。

 

裏側矯正

裏側矯正の場合は、歯の裏側にブラケットを取り付けるため目立ちにくく、歯の表面を傷つけたり見た目が気になったりする心配が少ない治療法です。しかし、歯の裏側に装置があるため、装置に触れて舌が傷つく恐れや発音しにくいなどのデメリットがあります。

 

マウスピース矯正

マウスピースは透明なので、装着時の見た目は気になりません。取り外しができるため、食事の邪魔になりにくく歯磨きも十分に行えます。
アタッチメントと呼ばれる突起がマウスピースの表面にあり、歯に矯正力がかかる仕組みです。しかし、矯正力がかけられないほど歯並びが悪い場合など、マウスピース矯正が適していない症例もあります。その場合は、まずはワイヤー矯正や部分矯正を行った後で、マウスピース矯正への移行も可能ですので、一度ご相談下さい。

 

まとめ

当院ではカウンセリングや検査を充実させ、治療期間の予測や抜歯の必要性などを治療前に診断することが可能です。さまざまな治療法をご用意し、患者様の症例やご要望に合わせた治療計画の作成を心がけております。「歯並びが悪いけど大人だから治療できない」と諦めず、成人矯正に関するご相談は当院にお任せください。

 

ページトップへ戻る