寒く乾燥する冬は、お口のトラブルが起こりやすい!?|熊谷の歯科「はせがわ歯科」

熊谷の歯科なら「はせがわ歯科」へ

  • 【診察時間】

    月~日
    9:30~13:00
    月/火/木/金/土
    14:30~19:00
    13:30~18:00
  • 048-528-4182

    お問い合わせ

コラム

カテゴリー:

寒く乾燥する冬は、お口のトラブルが起こりやすい!?

  • 歯とお口の豆知識

いよいよ本格的な冬の到来ですね。
みなさま、風邪などひかれておられませんか。

季節の変わり目、特に冬になるとお口のトラブルが起こりやすくなります。

冬になると歯が痛くなる場合の原因は、やはり「寒さ」です。
寒さに耐えるために無意識に歯を食いしばることで、あごの筋肉が緊張状態になります。
そのため、歯が痛むように感じることがあります。

また、冬の「乾燥」が虫歯の原因になることがあります。
乾燥する季節には、お口の中の唾液の量が減ってしまいます。
唾液の役割は、消化を助けることに限らず、お口の中の細菌を洗い流す効果があります。
(これを自浄作用と呼ぶこともあります。)
唾液の量が減ることにより、お口の中で細菌が繁殖しやすくなってしまい、虫歯が起こりやすい環境になってしまいます。

今回は、お口の乾燥を防ぐ方法をいくつかご紹介します。

・マスクを着用する。
・1日に1~2リットルのお水を飲む。
・刺激のある食べ物を控える。(塩分、香辛料、カフェインを含む飲料。)
・キシリトールが含まれるガムをかむ。
・舌を動かす体操をする。
・室内の湿度を上げる。

お口の中の乾燥が気になる場合は、上記の方法をお試しください。
本来、人間が持っている自浄作用を助けて、虫歯の発生を抑え、風邪をひきにくい体を作っていきましょう。

ページトップへ戻る