子供の歯の黄ばみはなぜ起こるのか?その原因や対処法をご紹介します|熊谷の歯科「はせがわ歯科」

はせがわ歯科

  • 【診察時間】

    月~日
    9:30~13:00
    月/火/木/金/土
    14:30~19:00
    13:30~18:00
  • 048-528-4182

    お問い合わせ

コラム

カテゴリー:

子供の歯の黄ばみはなぜ起こるのか?その原因や対処法をご紹介します

  • 子供の歯

「子供の歯が黄ばんでいるような気がする」「歯を毎日磨いているのに黄ばんでいる」など、お子さんの歯の色にお悩みありませんか?そこで今回は、お子さんの歯が黄ばんで見える理由を解説します。また改善方法や歯科医院で行う対処法についてもご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

 

子供の歯が黄ばんで見える理由

まず、子どもの歯が黄ばんで見える理由は、主に以下の3つが挙げられます。

 

象牙質の色が見えている

永久歯は完全に真っ白ではなく、通常は黄色っぽく見えます。なぜなら、歯のエナメル質は薄く、内側にある象牙質という層は厚いため、その色が強く見えているからです。特に犬歯は象牙質が分厚く、色味がはっきりと表れやすい歯です。
また、生え変わったばかりの永久歯(幼若永久歯)の場合は、歯質が不安定なため、歯が黄色く見えやすいといわれています。

 

歯の表面に付いた着色汚れ

お茶や紅茶など含まれる着色成分(ステイン)が歯の表面に付き、黄ばんで見えることがあります。お子さんの場合だと、ケチャップやチョコレート、ブドウジュースなど色の濃い食べ物や飲み物を好む食生活だと、ステインが歯に付きやすい状態になります。
また、お口の中が乾燥することも、歯の着色の原因になるため注意が必要です。

 

虫歯による影響

初期の虫歯であれば、歯のエナメル質がわずかに溶け出して白く濁ります。虫歯が進行すると、分解したタンパク質から炭素が作られるので、虫歯部分が黒くなるのが特徴です。また、奥歯溝部分は汚れが溜まりやすく、変色している場合は虫歯の可能性が高いため、できるだけ早く歯科医院をご利用ください。

 

歯の黄ばみを改善していく方法

「毎食後の歯磨き」は、歯の黄ばみが気になる場合にご自宅で取り組める、基本的な改善方法です。食事後の歯磨きが早いほど着色を防げます。しかし、お子さんの力だけでは磨き残しが出てしまう可能性もありますので、親御さんが仕上げ磨きをするように心がけましょう。磨くのが難しい場合は、飲食後にすぐに水で口をゆすぎ、唾液を出すためにガムを噛むことも、歯の着色を防ぐ効果的な予防につながります。

 

歯科医院だからできる対処法

ご自宅で行う歯磨きなどのセルフケアだけでは、一度ついてしまった着色を落としきることが難しくなります。歯科医院で行う歯のクリーニングなら、歯科専用の機材や薬剤を使用して、着色を隅々まで取り除けるのです。
歯科医院で行われる歯のクリーニングは、主に以下のとおりです。

 

スケーリング

スケーラーという専用の器具を使用して歯の表面に付いた着色、歯垢や歯石を取り除けます。着色の除去はもちろん、虫歯や歯周病、口臭の予防にもつながり、口の中を衛生的に保つ効果があります。

 

エアフロー・ジェットクリーニング

圧搾空気の力を利用し、薬剤を含んだ超微粒子撥水パウダーを歯の表面に勢いよく吹き付けると、歯の表面に付いた汚れや着色を落とせます。粒子が非常に細かいため、歯や歯ぐきにダメージを与える心配はほとんどありませんので、ご安心ください。

 

PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの頭文字を取った略称です。専用の器具や薬剤を使用し、時間をかけて丁寧に行う歯のクリーニングです。治療は歯科医師や歯科衛生士が担当し、歯の表面を研磨することで着色や汚れを取り除きます。治療後は歯の表面に汚れや細菌が付きにくく、虫歯や歯周病、着色を防げる環境を維持しやすくなります。

 

フッ素塗布

特に乳歯は柔らかく、歯質が不安定な状態のため、虫歯予防にはフッ素塗布がおすすめです。フッ素に含まれる有効成分が歯質を強化にし、虫歯になりにくく丈夫な歯を育ててくれる役割が期待できます。また、虫歯ができても初期であればフッ素により再石灰化が促進され、歯を削らずに虫歯が治る可能性もあります。フッ素の効果を維持するには3~4ヵ月に1回のペースで来院し、フッ素を塗布してもらいましょう。

 

まとめ

お子さんの歯が黄ばんで見える理由は、「象牙質の色」「歯の表面の着色」が多くの原因です。黄ばみを改善するには、食生活や歯磨きなどの日々のセルフケアが大切です。しかし、「虫歯による影響」も考えられるため、黄ばみが気になりだしたら、まずは当院にご相談ください。

 

ページトップへ戻る