夜に歯が痛くなる原因は?その病気と対処法をご紹介します|熊谷の歯科「はせがわ歯科」

はせがわ歯科

  • 【診察時間】

    月~日
    9:30~13:00
    月/火/木/金/土
    14:30~19:00
    13:30~18:00
  • 048-528-4182

    お問い合わせ

コラム

カテゴリー:

夜に歯が痛くなる原因は?その病気と対処法をご紹介します

  • 歯の痛み

夜に何もしていないのに歯が痛む経験をしたことはありませんか?歯が痛む原因は、実は虫歯以外にもたくさんあります。そこで今回は、夜に歯が痛むときに疑いたい病気や理由、対処法について解説いたします。

 

夜に歯が痛むときに疑いたい病気

夜に歯が痛む時は、以下のような病気が疑われます。心当たりがある場合は放置せず、できるだけ早く当院にご相談ください。

 

歯髄炎

虫歯が悪化し、歯の神経まで虫歯が達すると引き起こされる炎症のことを歯髄炎といいます。炎症によって血流が増えると神経が圧迫され、脈拍に合わせて拍動痛というズキズキした強い痛みを感じるようになります。

 

歯根膜炎

歯周組織を構成している歯根膜に炎症が起こり、歯が痛んだりしみたりする状態が歯根膜炎です。また、歯が浮いたような感覚を覚えるケースもあります。炎症の多くは、食いしばりなどによる非感染性や、虫歯や歯周病などによる感染性の原因によって引き起こされます。

 

咬合性外傷

歯ぎしりや食いしばりなどの癖により、歯周組織の炎症や口の中に傷ができている状態です。さらに顎関節にも大きな負担がかかり、筋肉の緊張が続くと頭痛や肩こりの原因にもなります。

 

智歯周囲炎

智歯周囲炎とは、親知らず(智歯)が歯周組織の炎症を引き起こしている状態です。親知らずが斜めに生えていたり、完全に生えきらなかったりする場合は特に注意が必要です。下の歯の親知らずはあごの神経が近く、神経が刺激されて炎症が起きやすいといわれております。

 

夜に歯が痛みやすくなる理由

主に以下のような理由により、夜に歯の痛みが起こりやすくなると考えられています。

 

血流による痛み

ベットやソファで横になると血液が頭に流れます。血管が拡張すると神経が圧迫されてしまい、痛みを感じやすくなるのです。

 

副交感神経による痛み

人の体は自律神経と関わりが深い交感神経と副交感神経が働き、血圧や体温などをコントロールしています。特に夜間は入浴や音楽を聴くなどのリラックスした時間が多く、副交感神経が優位になり、血管が膨張して血流が促進されます。血管によって歯の神経が圧迫され、痛みを感じやすくなるのです。

 

お口周りの筋肉による痛み

ストレスや疲れによって、肩こりと同じような筋肉のしこりがお口周りにもできます。硬い食べ物を噛むときや、お口周りをマッサージする際にしこりに刺激が加わり、歯の痛みが生じる可能性があります。

 

対処法について

 

歯が痛いときの対処法についてご紹介します。すぐに歯科医院への来院が難しい場合は対処法を実践し、その後はできるだけ早く治療するように心がけましょう。

 

痛む場所を優しくマッサージする

痛みの原因が筋肉にある場合は、痛む箇所の周囲を優しくマッサージすると、筋肉の緊張が和らいで痛みが落ち着きます。押しすぎによる揉み返しを防ぐために、マッサージは2分程度にしてください。顎の周囲や側頭部、首の筋肉やリンパなどに沿ってなでるように指圧しましょう。歯茎などが痛む場合は無理にマッサージを行わないで下さい。

 

痛む場所を冷やす

ビニール袋などに入れた氷を頬に当てると、痛む場所が冷やされて血流が低下し、痛みを軽減できます。また、氷をひとつ口の中に含み、直接冷やすのも効果的です。しかし、虫歯や知覚過敏がある場合は、冷却による刺激が痛みにつながることもあるため、氷を歯にできるだけ当てないように注意しましょう。

 

市販薬の服用

市販の鎮痛剤を服用する場合は、歯医者でも取り扱いのある鎮痛成分(ロキソプロフェン)を含むタイプがおすすめです。他の鎮痛薬でも「歯の痛み」の記載があれば、服用による痛みの軽減が期待できます。また、痛みがでてからすぐに来院する予定がある場合は、むやみに市販薬を服用しないことをおすすめします。なぜなら、検診や問診時に患部がどこかわからず、痛みの程度も明らかにならない恐れがあるからです。

 

マウスピース

歯ぎしりや食いしばりがある場合は、マウスピースを用いた治療がおすすめです。就寝時やデスクワーク時にマウスピースを装着しておくと、歯にかかる力が分散しやすく、歯周組織への負担が減ります。ご要望に応じて、患者さんの歯型に合わせた専用のマウスピースの製作が可能ですので、お早めにご相談ください。

 

まとめ

今回は夜に歯が痛むとき、そこに潜む病気や原因、対処法などをご紹介いたしました。
痛みの原因は歯が関係していることが多いですが、他の要素が痛みを引き起こしている可能性もあります。
また、応急処置はあくまで一時的なため、冷却や市販薬で痛みが収まっても、原因が改善した訳ではありません。痛みを取り除くには、早期発見・早期治療が大切ですので、少しでも気になる症状があれば当院にご相談ください。

 

ページトップへ戻る