熊谷の一般歯科

はせがわ歯科

  • 0485284182
  • 診療時間

一般歯科

歯を削ることは必要最低限に

image

歯は基本的に自然に再生することがないため、削った分だけ寿命が縮まっていきます。むし歯の部分だけを必要最低限に削り、自身の歯をできるだけ残すための治療を行います。

治療後のリスクをわかった上で

image

歯を長持ちさせるためには、詰め物をした後を見据えなければなりません。どんなにぴったり詰め物をしても、目には見えない隙間があり、その隙間からむし歯の菌が入り込んでしまいます。そういった「治療後のリスク」を把握し、予防を維持していけるようにお手伝い致します。

「急がばまわれ」の治療を行うことも

image

むし歯治療で被せ物をする場合は、周囲の歯肉(歯ぐき)の状態も後々のリスクにかかわってきます。歯肉炎や歯周病にかかっている場合、むし歯治療後にさらに歯周病を悪化させるリスクが高まり、むし歯治療の精度が落ちてしまいます。

そういった場合、痛みに対する応急処置をした後、むし歯治療よりも先に歯周病治療を行うご提案をいたします。もちろん、ご提案の上で患者様が納得して受けられる治療を致します。

ページトップへ戻る